staff



akko

統括ディレクター
おおくにあきこ

著述業(雑誌・単行本執筆)を通じ、社会学、文学、文化、アートに精通し、広く世界を見通す視野と広く発信する経験を有す。当団体設立メンバーであり設立後は全体統括者として当団体の主軸を担ってきた。2007年にインドで学校を建設した学生と知り合い、PTA活動でインドを伝える活動を3年間続け、インドの子どもたちの置かれた状況、教育の未整備の改善に自らの志を見いだす。当団体の代表となり、以後、アートを媒介にインド農村部の教育の整備を目指す「ウォールアートフェスティバル」の活動を重ね、2011年に特定非営利活動法人格を取得し、理事長就任。2012年以降、専任となり、毎年3回ほど現地を訪れ、風土を体験しつつ現地の人々とウォールアートフェスティバルのプログラムを組み、全体統括。2014年にラダックで芸術祭を開催し、グローバリゼーションによる社会問題を目の当たりにしてからは、対象地域の社会環境問題に着目し、家を建てる身体的体験を通じて現状を知る「ノコプロジェクト」を牽引。これらの経験から考察した結果、この地域を豊かに育むために、村人が得意とする農業を拡充し、コミュニティ内で元からある農業を充実させる活動に踏み出す。将来的には、PTA時代から取り組んで来た日本とインド農村部の青少年の交流を通じて、日本の子どもたちの経験値を上げ、ひいては日本の未来を明るく育むことを目指している。

Akiko Ookuni (Director General)
Born in Tokyo. She covers book reviews, does interviews and writes extensively on traveling and culture as a freelance writer. She has been dispatched to several countries like France, U.K., Australia, China, and Vietnam for above works.
While writing work, she has been directing various productions as an executive art director of Blue Bear. Inc.
By taking advantage of art direction experience, she launched up the Wall Art Project, a registered trust in Japan, and became its Director General.
She has been organizing an International Art Exhibition ‘Wall Art Festival’ in local areas of India.

blog "salad party"
http://blog.livedoor.jp/saladparty/
okazu

ディレクター 兼 コーディネーター
浜尾和徳

1985年、福島県生まれ。東京学芸大学にて初等・中等・高等教育教員免許取得・卒業後、教員になる前に日本を外から見る視点を持ちたいと考え、インドへ。教育学を活かし現地のNGOが運営する学校でボランティアをしつつ、ヒンディ語を身につけ、日本とインドのプロジェクトを結ぶコーディネーションを行う。 2009年、ウォールアートプロジェクト設立に参画。以降、副理事長かつ現地コーディネーターとして年の半分をインドに滞在し、日本語、英語、ヒンディ語、ローカル言語を駆使し、現地の青年たちと実行委員会ウォールアートプロジェクト・インディアと、okazu塾を組織。ビハール州立マガダ大学大学院にて社会・労働福祉課程を修了。現地での制作準備、ネットワーク作り、学校・行政・警察とのやりとりなど、プロジェクト実現の実務を担う。インド農村部における草の根レベルのニーズを掘り起こし、一時的でなく、持続可能な支援方法としてアートを媒介にした教育支援=ウォールアートフェスティバルと、現地の住民との対話を礎にしたコミュニティ構築=ノコプロジェクトを実践している。日本とインドの子どもたちが共に学びあう場を両国につくることを将来の目標にしている。

Kazunori Hamao (Director, Coordinator)
Born in Fukushima, Japan 1985. After graduating from Tokyo Gakugei University, he raised up money by doing a part time job, and went to India as a volunteer coordinator in Niranjana School.
During his stay in Bodh-Gaya, Bihar, he finished a Post-Graduation Course in the Department of Labour and Social Welfare at Magadh University. He has many Indian friends who call him by the nick name “Okazu”.
He speaks Hindi and often organizes executive committees for the Wall Art Festival with local people.
He is a core member of WAF. At present, he lives in a village with the Warli tribe, and is getting familiar with their culture, and connects them to Japan.

ブログ「インドの子どもたちの今を知る」
http://blog.livedoor.jp/wall_art/
rajesh インド人チーム実行委員長
ラジェーシュ チャイテャ ヴァンガード

地域を代表するワルリ画家。インド国内はもちろんロンドンやバルセロナでもワルリ画のワークショップを開催、作品展示するなど第一線で活躍。同時に普段は農業を営み、自然と共に生きるワルリ族をはじめとした先住民族の生活の様子を描く。
WAF2013、2014、2016招聘アーティスト。教育の大切さと子どもたちの未来や、森をはじめとした自然と人間の営みをテーマに壁画を描いた。また、栃木県さくら市の廃校で開催されたWAF in SAKURA 2013ではインドとさくら市を結びつける作品を描いた。


Rajesh Chaitya Vangad
(Head of Indian Team)
He is a remarkable Warli Artist of the area of Ganjad.
He exhibits his paintings and has workshop at an international level. (ex: London and Barcelona)
Normally, he does agricultural work, and draws the life styles of tribal people who are living together with nature.
He was participant artist of WAF2013, 2014 and 2016. Also he made wall paintings with the theme of ‘The Potential of Education’ and ‘The Future of Children’, 'Relationship among forest, river, and other nature and human beings' on the wall of the school building. He works as a local coordinator with Okazu.

vikram アシスタント コーディネーター
ヴィクラム プラタップ

okazu塾の一員。ビハール州ブッダガヤ近郊・スジャータ村で開催したWAFでの経験を活かし、
WAF in Warli 2013にアシスタント・コーディネーターとして参加。
持ち味の日本語を用いて、様々なシーンで日印の間をつなぐ大事な役目を果たす。
アシスタントとして関わったアーティストからの助言を得て、コーディネーターとして成長中。

Vikram Pratap (Assistant Coordinator)
He is one of the member of okazu juku(tution).
He joined to WAF in Warli 2013 as an assistant coordinator with the experience of WAF held in Sujata Village near by Bodh-Gaya, Bihar.
He has the important roll to connect Indian and Japanese with Japanese language in several scenes.
He was advised by the artist, and is growing up as a coordinator.

sudhakar アシスタント コーディネーター
シブナーラーヤン ミシュラ

okazu塾の一員。ビハール州ブッダガヤ近郊・スジャータ村で開催したWAFでの経験を活かし、
WAF in Warli 2013にアシスタント・コーディネーターとして参加。
日本人チームのアテンドや、アーティストのサポートなどにあたる。
インドと日本、そしてガンジャード村とビハール州をつなぐ。

Shivnarayan Mishra (Assistant Coordinator)
He is one of the member of okazu juku(tution).
He joined to WAF in Warli 2013 as an assistant coordinator with the experience of WAF held in Sujata Village near by Bodh-Gaya, Bihar.
He did attend work for Japanese team and supported artists.
He also connects India and Japan, Ganjad village, State of Maharashtra and State of Bihar.

tushar
トゥシャール ワイェダ

okazu塾イン ワルリのデザイン担当。
WAF2013、2014のバナー、フェス当日のプログラムなどのデザイン、ワルリ画のイラストなど、持ち前の画力を思う存分に発揮しビジュアル制作で活躍。壁画制作の貴重な戦力でもある。

Tushar Wayeda
He is designer of OKAZU juku in Warli.
He designed a banner and program brosher with Japanese volunteer for WAF2013, 2014 and utilizing the ability of drawing for the success of each project. He is a precious person for artists as assistant, too.

mayur
マユール ワイェダ

フェスティバル開始前から周囲の人々に広報活動を行い、一人でも多くの人をWAF2013に呼ぶために尽力。本番では、壁画制作、凧隊、通訳と持ち前のオールマイティさを発揮し、各所に引っ張りだこに。
フェスを支える主戦力として活躍。

Mayur Wayeda
He announced about WAF to the people around him and tried to call many people to WAF2013 as far as possible.
In the Festival, he did remarkable work for Wall Painting team, Kite team, and interpretation almighty so was needed every team.
He performed as key member of WAF2013.

harshad
ハルシャッド ワイェダ

2012年11月にデリーで開催された日本のアニメ・マンガイベントで
okazuと共にWAF広報ブースを切盛り。
それをきっかけにWAFに積極的に関わるようになる。
フェスティバル本番では凧隊のインド人チームリーダーとして要的な存在に。
壁画制作のサポートにもあたる。

Harshad Vayeda
He managed the WAF booth with Okazu in the event that introduced Japanese Animation and Manga in Delhi on Nov.
2012. Since then he came very close to WAF. In the WAF, he became a key person as the leader of Indian Kite Team.
He also supported making Wall Painting.

pinky
ピンキー

日本人凧隊と一緒に、毎日凧を制作し、学校で子どもたちに夢を描いてもらい、
一本につなげ、夕方空にあげる、という地道だがとても大切な作業を積み重ねた。
凧隊の欠かせない一員となる。

Pinky
She accumulated very important work that made kites by hand, and had ‘writing dream on the kite workshop’ with children at School, and connect them on the one strings and fly them in the sky.
She became a necessary member of Kite Team.


川辺 洋平

学生時代に仲間を集めてアフガニスタンやインドに学校の校舎を建てる。
建てた学校のその後の支援として、壁画を描く芸術祭Wall Art Festivalを企画。
Wall Art Project における、日本サイドのプロモーター的存在。

Yohey Kawabe
He started building some elementary schools in Asian Countries,
When he was a University student.Specifically in Afghanistan and India.
After Graduate, he got an idea for promote those schools by Art Festival.
Now the idea become "Wall Art Festival", and still he's supporting to us.

足利 森

1985年、福島生まれ。映像ディレクター、カメラマン。
大学で音楽学と映像の基礎を学び、制作会社に就職。
高校時代同じ教室で学んだ浜尾和徳と、10年の空白を経て奇跡的な再会を果たす。
彼とWAFに強く惹かれ、WAF2013より映像を担当。

Shin Ashikaga
Born in Fukushima, 1985. He is a video director and a cameraman.
He studied the musicology and basic of video in the university, and became a video director.
He miraculously met Okazu who studied with him in the same classroom in high school days after 10 years.
He was attracted to WAF and Okazu, and became the leader of video team since WAF2013.
灘波 慶一

1年目のフェスの報告会でWAFに出会い、
公式サイトへのアイデア提案がきっかけでWAPに関わり始める。
2010年のリニューアル後も引き続き本サイトの運営を担当し、
WAF応援団参加者たちのスナップギャラリーなどの仕組みを提案。

Keiichi Nanba
Website Master since 2010.

iiek | Keiichi Nanba's Portfolio.
iiek.jp
former staff (click to open)

Principal of Niranjana Scool
Devendra Pathak

ニランジャナスクールの校長先生。
マガダ大学大学院卒。ニランジャナスクールのドミトリーに隣接して家があり、
常時子どもたちと過ごしている。ときに自ら教壇に立つ。
その授業はわかりやすく生徒たちに評判がいい。

いつも穏やかで、ドミトリーの子どもたちのお父さん的存在。
教師や日本のボランティアたちからも敬愛されている。

He is the principle of Niranjana School.
He graduated from a masters course of Magadh University, Bodhgaya.
His house is next to the hostel of Niranjana, he often spends his time with boys in the hostel.
He sometimes takes class, too. His teaching skill is superb and he is popular with all of the students.

He is gentle, and acts as a father to the hostel boys.
Also many other teachers and volunteers in Japan respect him.

Directer of Niranjana Scool
Siddhartha kumar

ニランジャナスクールを青空教室からスタート。マザーテレサを敬愛する30歳。
今もひとりでも多くの子どもたちが学校に通えるシステム作りに心を砕いている。
2009年夏にアメリカのロータリークラブに招かれ、
アメリカ各地で講演会を成功させて帰国。
星空の下で、ドミトリーの孤児たちといっしょに瞑想したり、
シタールを奏でながら歌う時間が彼の宝もの。
「WAFで来てくださった方たちを ぼくたちの星空の下の音楽会にご招待しますよ!」


He has started Niranjana School
using only a portable whiteboard and seats for the children to sit on.
He is now 30 years old, and has a considerable respect for Mother Teresa
. He is still trying to organize a system so that many children can commute to school.
The Rotary Club of U.S.A invited him.
He was trained and has made speeches at various venues there.
Tapping in to a natural talent for public speaking, having great success.
His treasure is the early evening when he meditates and sings,
playing sitar with the hostel boys under a starlit sky.
'I will invite the people who come to WAF to our touching concert under the starlit sky!

A stuff of guesthouse
Arjuna Kumar

okazuが家にしているレインボーゲストハウスのスタッフ。
祭りを愛しており、アートに強く興味を持っているという、
WAFのために生まれてきたような人間。

フットワークの軽さ、トークのうまさから自ずと営業的存在となった。
ひょうきんな人柄とは裏腹に、今のビハール州が抱える問題をその内に捉え、
地元を発展させたいという熱い心を持っている。


He is a member of the staff of Rainbow Guesthouse where Okazu stays.
He loves festivals and is quite interested in art, it’s as if he were born for WAF.
He appealed naturally because he is a good talker and his footwork is light.
Contrary to his funny character,
he cares for Bihar’s problems in a deep way,
having a passion for the forthcoming work and an enthusiasm for his region to be developed.
okazuzyuku Members of Okazuzyuku

okazuに日本語を習い始めた縁で、プロジェクトのメンバーに。
ビハール州のことを知ってもらう、ビハールの生活向上を目指す、
そんな熱い志を胸に、フェスに邁進している。
カタコトの日本語を生かして、日本人ボランティアと組んで、
近隣の村々へのキャンペーンや、日本人ゲストのアテンドに当たっている。
インド人ボランティアの中心的存在。

They became staff of WAF due to learning of Japanese language from Okazu.
They are pushing forward to the success of WAF with the great ambition for developing of life standard in Bihar and to convey about Bihar's situation to outside.
They put Japanese language to good account and team up with Japanese volunteers.
Their main role in WAF2010 was to campaign around village side and attending for Japanese people.
They are core members of Indian volunteers.

okazuzyuku assistant of coordinator
Amit Kumar

マガダ大学卒業。専攻は社会学、加えて日本語コース二年間修了。
現在ダラムシャラにてガイドとしての経験を積んでいる。日本語のほかにタイ語も勉強している。
彼の実家はニランジャナスクールのすぐそばで、Okazuに他の学生を紹介したのが彼である。
自分の会社を興し、経営しつつ社会的な活動をしていきたいという目標を持つ。

Graduated from B.A(Sociology) Magadh Univercity and diploma of Japanese.
He is gathering experiences as tour guide in Daramshala.
He is studying not only Japanese language but also Thai language.
His own house is near by Niranjana School, he introduced other members to Okazu.
His ambition is to launch his business and social work.

okazuzyuku assistant of coordinator
Deepak Kumar

マガダ大学卒業。専攻は社会学、加えて日本語コース二年間修了。
現在バンガロールの日本語学校に通っている。幼いころからNHK国際を見て育ち、日本に強く興味を持つ。
日本人と一緒に仕事をしたいがために日本語を勉強し始めた。
WAFを自分にとって成長できる機会ととらえ、参加。

Graduated from B.A(Sociology) Magadh Univercity and diploma of Japanese.
He studies Japanese language in Bangalore at present.
He has grew up with watching NHK international(Japanese broadcast),
and got interested in Japan. He stared to study Japanese language to work with Japanese.
He considers WAF is good oprtunity for his futuer, and joined in.

okazuzyuku assistant of coordinator
Mani Kumar

マガダ大学卒業。専攻は社会学、加えて日本語コース二年間修了。
現在、デリーにてステップアップのために日本語を勉強している。
日本人とコミュニケーションをとることで経験を積みたいとWAFへ参加。
そんな言葉良く知っているな、としばしば思わせる。

Graduated from B.A(Sociology) Magadh Univercity and diploma of Japanese.
He studies Japanese language in Delhi for step-up.
He took part in WAF for the exercise of Japanese language by the communication with Japanese.
His word sometimes surprises Okazu how he knew that.

okazuzyuku in charge of public relations
Prakash Jr

マガダ大学卒業。専攻は社会学、加えて日本語コース二年間修了。
日本語に強く興味を持ち、上達のために常に物事を日本語で考えるように努力している。
ニランジャナスクールのコンピューターコースを修了し、自分にできることがあれば活動に協力したいと思っていた。
WAFを通じて故郷のビハール州の発展のために自分の力を発揮したいと願う。

Graduated from B.A(Sociology) Magadh Univercity and diploma of Japanese.
He is interested in Japanese language so much, and always tries to think in Japanese language about everything.
He graduated computer course of Niranjana School, he has been considering to do something with Niranjana School.
He wants to exercise his ability for the developing of Bihar, his own place.

okazuzyuku assistant of coordinator
Prakash Sr

マガダ大学卒業。専攻は歴史学、加えてデリーにて日本語コース一年間修了。
非常に丁寧な性格で、現在はブッダガヤの学校で子どもたちに日本語を教えている。
彼が住んでいるハティヤール村からニランジャナスクールに通っている。
子どもも多く、その活動にWAFを通じて協力したいと申し出てくれた。

Graduated from B.A(Histry) Magadh Univercity and diploma of Japanese.
He is quite polite and teaches Japanese language in the primary school of Bodhgaya at present.
Many children of his village study in Niranjana School, he wants to cooperate with school though by WAF.

okazuzyuku assistant of coordinator
Rakesh Kumar

マガダ大学卒業。専攻は化学、加えて日本語コース一年間修了。
幼いころから父親の知り合いの日本人と交流をし、日本に興味を持つ。
Okazuの補佐として動くのが彼の役割だ。
仕事を一から十までこなそうとする真面目な性格の一方で、「ジョークを言うのが僕の生きがいです」
というジョーカー的存在。また母親の料理の手伝いをしてきたため、腕が良い。

Graduated from B.Sc(Chemistry) Magadh Univercity and studied Japanese for one year.
He communicates with Japanese person who is friend of his father since his childhood, and he got interested.
in Japan. His role is assist of Okazu.
While he is serious, tries to work with his best , he says "I cannot live without joke", is funny man.
Also he is good at cooking since he has been helping her mother.

okazuzyuku in charge of Media, publicity
Shivnarayan Mishra

ガダ大学卒業。専攻は化学、加えて日本語コース二年間修了。
WAFの話が始まってから「メディアのことは僕に任せてください」というほど、
地元のメディアとのつながりを持つ。
今まで新聞紙6紙にWAFが取り上げられたのは彼の実績。
「WAFを国際的なものにするために骨身を惜しまない覚悟です」という言葉は頼もしい。
でもちょっと天然。

Graduated from B.Sc(Chemistry) Magadh Univercity and diploma of Japanese.
He has strong connection with local media.
Hence he is saying "Consider it done about media" since he has taken part in WAF,
That is his actual result WAF has been picked up 6 news papers upto now.
His word "I will work my fingers to the bone for WAF" is reliable.

Ravindra Graduated from B.Sc(Botany) Magadh Univercity and diploma of Japanese.
Ravindra Verma

スジャータ村に住むファーマー。かつニランジャナのシニアクラスの先生。
大学で植物学を学んだだけあり、土や植物に関する知識が豊富で、
WAF2010の淺井さんの作品の材料集めに大いに貢献してくれた影の立役者。
日本語も勉強している。一児のパパ。

He is a farmer in Sujata village and also teacher of senior class in Niranjana School.
He studied the botany in university, he has deep knowledge of plant and soil.
He cooperated to gather the materials of ASAI's work very much in WAF2010.
He also studies Japanese language, and is father of a baby.

kozue Kozue Kitayama

2010のフェスにボランティアとして参加。主にスリージャタ・ロイの制作をサポート。
美大で映像を学んだスキルを生かして、DVD「ウォールアートフェスティバル イン ニランジャナスクール2010」の映像編集を担当。
就活中ながら、映像「白壁隊への道」も編集。

She took part in WAF2010 as a volunteer in India.
Mainly she supported Sreejata Roy, Indian artist.
She made use of her skill and edited the DVD "Wall Art Festival in Niranjana School 2010".
She is job hunting now however she edited a movie "the Road to White Wall".
Keiichi Nanba

1年目のフェスの報告会でWAFに出会い、
公式サイトへのアイデア提案がきっかけでWAPに関わり始める。
2011年のリニューアル後も引き続き本サイトの運営を担当し、
WAF応援団参加者たちのスナップギャラリーなどの仕組みを提案。
現地でのフェスやインドにはまだ行ったことがないものの、
そういう人にも空気感が届くような取り組みができればと思っています。
*日本でできるお手伝いもいろいろとあるようなので、興味を持たれた方は、上のメニューバーからメールしてみてね。

Website Master since 2010.

http://iiek.tumblr.com/

Special thanks

 

Illustrator/Art Director
yo-hei

WEBの作り方を教えてくれて、即興でイラストを描いてくれました!!!

He taught us how to build a webpage and drew the illustrations using improvisation.
coodinator @ varanasi
Akio Sugimoto
インドという不思議な国で、どちらに進むべきかも迷ってしまいそうなアートフェスの、水先案内人!!!

We can feel a stranger here in India, and feel we sometimes mix left and right,
Wall Art Festival holds no exceptions…however he is our encouraging pilot!
  curator @ delhi
Tomoko Kuroiwa
右も左もわからない美術界。インドと日本のアート界に精通していらっしゃる。心強い味方です。

We don't know left from right when it comes to art either…
She is an encouraging adherent who knows all there is to know
about art in both India and Japan.
  Isao Takegoshi
企画書の翻訳チェックをしてくださいました。深謝。

He checked out our translation of the project plan.
We express our sincere thanks to him.
  Akiyo Yamanaka
ニランジャナスクールをサポートする日本の団体「ニランジャナセワサンガ」代表。
学生時代にニランジャナスクールにスタディツアーに行き、青空教室から始めたDirector シッダルタ・クマル氏と出会い、結婚。
日本でインド料理レストランを経営して、その売上を学校運営に回してサポートし続けている。
彼女のニランジャナスクールへの惜しみない愛がこのプロジェクトの牽引力でもある。


She is the ambassador of Niranjana Sewasanga, our supporting agency in Japan.
While she was at University, she visited Niranjana School, met Mr. Siddhartha Kumar,
and ended up getting married to him a few years later.
She is running an Indian restaurant in Osaka, Japan, and supporting Niranjana,
by donating the profit for the running cost to Niranjana School.
Her loyal and unwavering love for Niranjana School is the motor for this project.

ニランジャナセワサンガ
http://www.npws.org/
Joseph
英国からやってきて、ニランジャナスクールにボランティアとして3週間滞在。
日本の作家村上春樹をこよなく愛する19歳。
春樹風ランニングはもちろん、サイクリングや子どもたちとクリケットをして、
スジャータ村を彼なりの方法で満喫!
このウェブサイトの翻訳を手伝ってくれました。ありがとう!

He comes from the UK, and stayed in Niranjana for about 3 weeks.
He is 19years old and very partial to the Japanese author Haruki Murakami.
He enjoyed staying in Sujata village very much and was busy: going cycling,
playing cricket with the children, and running in Haruki style.
He has been very helpful of him to translate some of this website from Japanese to English.
Thanks a lot!
Julie Julie hjorth

オーストラリア、メルボルン在住。
ニランジャナスクールにボランティアとして数度訪れ、子どもたちと交流。
WAFにも賛同してくれて、企画書などの英訳を受け持ってくれました。


She lives in Melbourne, Australia.
She has visited some times as a volunteer, done her work, and communicated with children deeply.
She sympathizes WAF and helped for translating.