ご挨拶

楠 恭信
WAF in 猪苗代 実行委員長

 

11月3日、4日に開催したウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代は、延べ2,000人の来場を得て大盛会のうちに終えることができました。会場まで足をお運びいただいた皆さま、本当にありがとうございました。学校という特別な会場で、教室や廊下をキャンバスにした壮大な作品を多くの皆さまにご覧いただき、アートを通して新しい猪苗代の魅力を体感してもらうことができました。当日は4会場となりましたが、各会場を巡ってライブペイントやワークショップを楽しむ姿が数多くあり、普段はアートにあまり触れる機会がない方々にも、身近に芸術の秋を楽しんでいただけたように思います。

アートは見る人を選びません。また、言葉も必要とせず、感じ方は人それぞれです。実際に今回訪れた方々を見ていると、お気に入りを見つけたり、実際ワークショップに参加したり、特別な“何か”を感じたり、大人も子どもも目を輝かせていました。そんな姿を見て、改めてアートの持つ力の大きさ思い知るとともに、ウォールアートフェスティバルの成功を確信しました。

子どもたちに表現の自由さ、豊かさを感じてほしい、また、普段見慣れている地元の光景が、外から来たアーティストによってどのように表現されるかを見てほしい、そんな思いで町内の学校を3校選定し、アーティストにも子どもたちと給食を共にしての滞在制作をお願いしました。翁島小学校、吾妻中学校では子どもたちが日に日に変化していく作品の様子を間近で見るだけでなく、制作にも参加する機会がありました。今回の経験が子どもたちの感性にどのように働きかけ、どのような影響を与えたのか、その答えは何年か後に大きくなった子どもたちが教えてくれるでしょう。猪苗代高校では、生徒が自ら手を挙げて実行委員会に入ってくれました。また当日もボランティアとして運営に協力をしてくれた生徒もいます。地元を愛し、何とか盛り上げたいと思う学生の存在は、猪苗代町の明るい未来そのものです。このように、今回のウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代は、関わった人すべてに様々な影響を与えながらどんどん大きなものになっていきました。それは私たちの想像を超えて、本番が終わった今も続いています。

今回、猪苗代町に素晴らしい作品を残して頂いたアーティストの皆さまには心より感謝致します。いずれの作品も猪苗代ならではの世界が表現されており、見るものを惹きつけてやみません。これらの作品は、猪苗代町の宝として、誇りとして今後も大切に守ってけるようその道を探ってまいります。

最後になりましたが、ウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代開催にあたりご協賛をいただきました皆さま、会場を提供いただいた翁島小学校、吾妻中学校、猪苗代高等学校の学校関係者の皆さま、オープニングを盛り上げてくれた翁島小キッズサポータの子どもたち、運営にご協力いただいたスタッフの皆さま、様々な形でサポートを頂いたすべての皆さまに深く感謝致します。ありがとうございました。

 

Facebook.

ご協力者の方々からご挨拶

宇南山 忠明
教育長

 

猪苗代青年会議所創立40周年記念事業、「ウォールアートフェスティバルふくしま in 猪苗代2018」大変お疲れ様でした。

町内小・中・高等学校を会場に、日本とインドのアーティストたちが、教室一面に絵や写真で飾る今回の企画は、町おこしの一躍を担う他に、児童・生徒がアーティストとの協働作業や交流を通して、アートの力で子どもたちの感性を育てていただきました。

猪苗代の自然や日々の営みを表現した作品からは、地域における学校の在り方や、地域の良さを見つめ直すきっかけになったことと思います。

今後も豊かな自然と共に、「安全・安心な町づくり」に努め、「人・物・情報」をつなぎ、協働による「人づくり・町づくり」に取り組んでまいりますので、実行委員会の皆様のご協力をお願いいたします。

星 善樹
猪苗代町立翁島小学校長

 

この事業に於いて、本校は、ウォールアートの制作・展示場として施設の開放を行いました。平成30年10月の制作開始から11月3日、4日の展示会までの約1ヶ月という期間でありましたが、本校にとって思い出に残る平成30年度の大きな出来事の一つとなりました。

1.芸術家の方々との交流
本校には、岩切章悟氏、小栗千隼氏のお二人の芸術家が来校されました。制作期間中は、毎日子ども達と給食を共にしていただき、様々な会話を通して交流を深めていただきました。また、お二人の制作の様子を毎日毎日目にしたり、小栗氏が階段踊り場に描いたワイルドローズの木には、ステンシルという手法で、全校生が思い思いの色でバラの花を描き入れたりしました。こうした交流は、子ども達にとって忘れられない一生の想い出となったばかりか子ども達の将来に何らかの良い影響を与えるものと考えます。

2.教育環境の充実
本校校舎は昭和42年に改築され、今年で52年を迎える伝統ある校舎です。ただ、私は、現在、在学する子ども達のやる気を喚起するような活気あふれる環境作りをしたいと常々考えていました。このウォールアートは、まさにその考えにマッチしたものでした。階段の踊り場や図工室に描かれたアートは、子ども達の愛校心を高め、翁小の子どもであることに誇りを持たせるものとなりました。

最後に、この事業を本校を会場として行っていただいた事、関係者の皆様に心より感謝を申し上げますとともに、時間の制限などがあって自由に制作ができなかったであろうお二人の芸術家の方々が本校を去られる際に「素直な子ども達に囲まれてとても良い制作ができました。」とお話し下さったことが、子どもの育成を仕事とする者にとって、とても嬉しい言葉であった事を書き添えて筆を置きます。

渡辺哲雄
猪苗代町立吾妻中学校長

 

本校は、全校生徒24名の小規模校です。平成34年度に町立中学校3校が統合する予定であることから、余命3年の学校です。昭和55年に、吾妻一中・吾妻二中・市沢中を統合し本校が開校した時は178名の生徒数でしたが、少子化・過疎化の波にのまれ、各学年一桁の生徒数になってしまいました。

この度のウォールアートフェスティバルin猪苗代2018では、10月18日から11月2日までの期間、本校2階会議室の壁面3面にワルリ画を描いていただきました。教室後方は猪苗代の風景を、前方にはインドの人々の暮らしを描いていただきました。
フェスティバルへの参加で、生徒たちは本当の芸術に直接触れる貴重な体験ができました。また、生徒たちはアーティストのラジェーシュ・モール氏と助手のハルシャッド氏の二人と、給食を共にし、インドの話などを聞くことによって、異文化理解にも繋がりました。多数のボランティアの方々が本校を訪れ、その活動を目の当たりにして、ボランティア活動に目覚めた生徒もいました。制作最終日には、全校生徒の親指と小指を使い、ひよこの絵を描いていただき、生徒たちはとても良い思い出になりました。

10月27日の公開制作、11月2日のプレツアーには、たくさんの方々が来校しご覧いただきました。3・4日の公開では別会場で一部しかご覧いただけませんでしたが、教室を使っていない時ならば、いつでもご覧いただけますので、気軽にご来校いただきたいと思います。

最後に、ご協力いただきましたラジェーシュ・モール氏とハルシャッド氏、実行委員会の方々に、重ねて御礼申し上げます。

佐藤 京治
猪苗代高等学校長

 

紅葉深まる猪苗代高校の青空に遠藤一郎氏が本校生徒と手がけた連凧が高く舞い上がり、2日間のウォールアートフェスティバルが幕開けとなった。2日間で海外を含め各地から約500名の来校者があり、これ程までに芸術に人々を引き付ける力があることに大変驚いている。本校の活性化に大いに繋がるイベントであった。本校出身の野口勝宏氏の大写真と松岡亮氏のライブペイントの作品は、現在も本校に掲示されており、生徒はもとより来校者の目を和ませている。

当日は、本校の美術創作部員が中心となりボランティアとして来客の案内等に関わることができた。ある生徒は、イベント開催前後の猪苗代町青年会議所の方々との協議・会合に参加する中で、将来は町の観光や行政に関わり猪苗代を盛り上げたいという想いが芽生え、公務員に志望を変更した。現在、夢の実現に向けて日々学習に励んでいる。イベントを通して、町への想いが醸成し進路目標が明確になった素晴らしい事例である。

ウォールアートフェスティバルという取り組みは、地域・地方からの発信、新たな価値の創造という新時代の到来を予見させる。猪苗代が国際的な観光地として、これまで以上に注目されるイベントであった事は事実であり、本校生にとって他者の喜びが自身の成長に繋がっていることを実感できた行事であったことは間違いない。本校生にはこれを機に、ますます猪苗代町との繋がりを強くし、将来地元で貢献する人材となるために学習活動に励んでほしい。この事業に関わられた多くの方々に感謝を申し上げたい。