ウォールアートフェスティバル(WAF)について

2010年にインド、ビハール州にて農村地帯の学校を舞台にした芸術祭「ウォールアートフェスティバル」を開催。以来、マハラシュトラ州、ラダック地方などで毎年アートを媒介にした教育支援やインフラの整備、地元の子どもたちの創造性やアイデンティティを育むことを目指す芸術祭を開催している。NPO法人ウォールアートプロジェクトが主催。

ウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代

2016 年、猪苗代にインドのワルリ画家たちが滞在制作し、「猪苗代のワルリ画」を描いたプロローグ。2018年には、猪苗代町立翁島小学校・吾妻中学校、県立猪苗代高校の3校の壁にアーティストたちが渾身の作品を描いた。そして2019年は、あと3年で取り壊される猪苗代中学校の教室に描かれ、町内各地にアート作品が展開された。学校が、町が、ふくしまが想像と創造の熱に包まれる芸術祭、ウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代。2020年秋にも開催を予定している。猪苗代町民で作る実行委員会が主催し、町教育委員会、NPO法人ウォールアートプロジェクト、(一社)猪苗代青年会議所、(社福)安積愛育園はじまりの美術館の共催で実施。

ご挨拶

楠 恭信
WAF in 猪苗代 実行委員長

 

2日間にわたり開催されたウォールアートフェスティバルふくしまin猪苗代2019は、のべ2500人を超える方々の来場を得て幕を閉じました。県内各地で台風被害の傷が癒えぬ中、ご来場いただきました皆様に心より御礼申し上げます。

猪苗代中学校の空き教室を描いた画家の淺井裕介さんは、11日の滞在で70時間を費やし、猪苗代の土を使って作品を制作。壮大なスケールで表現された「野生の合奏」は、最後に中学生たちと根と土を描いて完成となりました。その瞬間、まさにいのちが大地から芽生え、にぎやかな野生の合奏が始まったようでした。また、翁島小学校に制作された「風といのちと大地のカケラ」は、全児童と先生の手形に淺井さんが手を加える形で描かれています。いのちを吹き込まれた不思議な動物たちが、これからは児童の成長を見守っていくでしょう。

ドイツのストリートアーティストのTONAは、猪苗代中学校をはじめ、町内各所にステンシルアートを残してくれました。突如現れる無邪気な少年たちの姿が、昨日までは何でもなかった壁や扉に新たな価値をもたせる。アートの持つもう一つの力を、改めて気づかせてくれたように思います。公開日には、昨年招聘したアーティストも多数集まり、各会場でワークショップが催されました。おかげで、多くの方が芸術の世界に身を委ね、全身で楽しんでいる姿が見られました。まさに、やってきたアートの渦が、多くの人を巻き込み、大きなうねりとなっていったのです。

 今回の会場となった猪苗代中学校は、統廃合によりあと2年半で取り壊される予定です。一つの教室に描かれた「画」の存在が、今、通っている生徒だけでなく、数多くの卒業生や、地域の方々にも「猪苗代中学校」について今一度思いを馳せる機会となれば、今回の事業がまた大きな意味を持つことになります。残された期間で何ができるのか、作品の行く末も含めて、最後まで見届けていきたいと思います。

作品の制作には多数の児童・生徒、そして先生の手も加わっています。アーティストと同じ時間を過ごした経験は、子どもたちにとってかけがえのないものとなるでしょう。このイベントを好機ととらえ全面的に協力いただきました猪苗代中学校、翁島小学校、吾妻中学校、猪苗代高校の学校関係者の皆様、快く協力いただきました、猪苗代町および猪苗代町教育委員会様、そして何より、素晴らしい作品を猪苗代町に残してくれたアーティストの皆様に心よりの感謝と敬意を表します。ありがとうございました。

Facebook.

WAF2019 ご協力者の方々からご挨拶

小杉 一浩 様
猪苗代町立猪苗代中学校長

  国際的アーティストである淺井裕介氏が本校の空き教室に、渾身の作品を描いていただき感謝感激です。今回の作品は淺井氏一人だけでなく、沢山のボランティアの方々や猪苗代中の生徒や先生・地元の高校生・淺井氏を慕う美術教師が協力しながら約二週間の短い期間で完成させることができました。この作品制作のために淺井氏は、生徒達と一緒に給食を共にしたり、制作中見学に来た生徒に作品作りに参加させたりとチームワークを大切にされました。お陰で絵が苦手な私も筆をとったり、手形を壁に思い切り叩きつける機会をいただき作品の一端を担うことができました。

  淺井氏は、教室の曇りガラスに『生命力がある』ことは『変わり続けることができる』というメッセージを残しました。この作品には多くの方々の持つ『生命力』が宿っています。つまり沢山の方々の『変化や生き様』が凝縮されているのではないでしょうか。おそらく時間の経過によって作品を観る人の感じ方も変化すると思います。この作品を毎日間近で見られる猪苗代中生は、自分の『生命力』を「自分の変化を感じながら楽しんでよ。」と淺井氏は訴えているような気がします。

  最後に今回のウォールアート公開にご尽力いただきました猪苗代青年会議所の皆様はじめご来場いただきました皆々様に感謝申し上げます。

永島慶和 様
猪苗代町立翁島小学校長 

 WAF実行委員長から本稿の依頼を受け、改めて「壁」の前に立ってみました。

 思い返せば、この成果の原動力となったものは、ある児童が始めた署名活動でした。 「今年も、芸術家さんに来てもらおう」

  当初の予定は、昨年制作された作品の一般公開でした。ところが、子どもたちの熱意が招聘作家である淺井裕介氏の心を動かし、急展開のきっかけとなったのです。

 子どもたちは、淺井氏が採取した泥を、絵の具代わりに自分の手や足に塗り、壁に手形(足形)を残しました。10月下旬、地域に学習成果を発表する「翁島フェスティバル」の開催中、まさにリアルタイムで淺井氏はスタッフと共に制作に入り、その「跡」を作品に変身させていったのです。ブラックボックス的なビフォー・アフターに、子どもたちは大興奮でした。淺井氏によって命が宿された摩訶不思議な動物たちは、子どもたちに様々な想いを与えてくれました。

 作品群を前に淺井氏は、子どもたちに語りかけます。

   ある人との出会いが、あるモノとの出合いが、
   自分の人生、将来に大きな意味をもたらす。

 一人一人の感じ方は違うかもしれませんが、少なくとも、「主体的に関わること」「自分の思いを形にすること」「人や物との交流で自分の中に変化が起きること」などについて、ある種の価値を見出したことでしょう。

 芸術(アート)と学校(教育)は、一般的に相容れない印象があるかもしれません。壁画に携わったある作家さんが「神聖な学校に落書きするなんて・・・」等、謙遜されておりましたが、それを払拭するほどの大収穫が、本校にはありました。
 芸術とのコラボは、有効な教育資源として、立派に機能しております。

 壁の前に佇んだ際、思わずニヤリとしてしまうのは、私だけではないと思います。

WAF2018 ご協力者の方々からご挨拶

宇南山 忠明 様
教育長

 

猪苗代青年会議所創立40周年記念事業、「ウォールアートフェスティバルふくしま in 猪苗代2018」大変お疲れ様でした。

町内小・中・高等学校を会場に、日本とインドのアーティストたちが、教室一面に絵や写真で飾る今回の企画は、町おこしの一躍を担う他に、児童・生徒がアーティストとの協働作業や交流を通して、アートの力で子どもたちの感性を育てていただきました。

猪苗代の自然や日々の営みを表現した作品からは、地域における学校の在り方や、地域の良さを見つめ直すきっかけになったことと思います。

今後も豊かな自然と共に、「安全・安心な町づくり」に努め、「人・物・情報」をつなぎ、協働による「人づくり・町づくり」に取り組んでまいりますので、実行委員会の皆様のご協力をお願いいたします。

星 善樹 様
猪苗代町立翁島小学校長

 

この事業に於いて、本校は、ウォールアートの制作・展示場として施設の開放を行いました。平成30年10月の制作開始から11月3日、4日の展示会までの約1ヶ月という期間でありましたが、本校にとって思い出に残る平成30年度の大きな出来事の一つとなりました。

1.芸術家の方々との交流
本校には、岩切章悟氏、小栗千隼氏のお二人の芸術家が来校されました。制作期間中は、毎日子ども達と給食を共にしていただき、様々な会話を通して交流を深めていただきました。また、お二人の制作の様子を毎日毎日目にしたり、小栗氏が階段踊り場に描いたワイルドローズの木には、ステンシルという手法で、全校生が思い思いの色でバラの花を描き入れたりしました。こうした交流は、子ども達にとって忘れられない一生の想い出となったばかりか子ども達の将来に何らかの良い影響を与えるものと考えます。

2.教育環境の充実
本校校舎は昭和42年に改築され、今年で52年を迎える伝統ある校舎です。ただ、私は、現在、在学する子ども達のやる気を喚起するような活気あふれる環境作りをしたいと常々考えていました。このウォールアートは、まさにその考えにマッチしたものでした。階段の踊り場や図工室に描かれたアートは、子ども達の愛校心を高め、翁小の子どもであることに誇りを持たせるものとなりました。

最後に、この事業を本校を会場として行っていただいた事、関係者の皆様に心より感謝を申し上げますとともに、時間の制限などがあって自由に制作ができなかったであろうお二人の芸術家の方々が本校を去られる際に「素直な子ども達に囲まれてとても良い制作ができました。」とお話し下さったことが、子どもの育成を仕事とする者にとって、とても嬉しい言葉であった事を書き添えて筆を置きます。

渡辺 哲雄 様
猪苗代町立吾妻中学校長

 

本校は、全校生徒24名の小規模校です。平成34年度に町立中学校3校が統合する予定であることから、余命3年の学校です。昭和55年に、吾妻一中・吾妻二中・市沢中を統合し本校が開校した時は178名の生徒数でしたが、少子化・過疎化の波にのまれ、各学年一桁の生徒数になってしまいました。

この度のウォールアートフェスティバルin猪苗代2018では、10月18日から11月2日までの期間、本校2階会議室の壁面3面にワルリ画を描いていただきました。教室後方は猪苗代の風景を、前方にはインドの人々の暮らしを描いていただきました。
フェスティバルへの参加で、生徒たちは本当の芸術に直接触れる貴重な体験ができました。また、生徒たちはアーティストのラジェーシュ・モール氏と助手のハルシャッド氏の二人と、給食を共にし、インドの話などを聞くことによって、異文化理解にも繋がりました。多数のボランティアの方々が本校を訪れ、その活動を目の当たりにして、ボランティア活動に目覚めた生徒もいました。制作最終日には、全校生徒の親指と小指を使い、ひよこの絵を描いていただき、生徒たちはとても良い思い出になりました。

10月27日の公開制作、11月2日のプレツアーには、たくさんの方々が来校しご覧いただきました。3・4日の公開では別会場で一部しかご覧いただけませんでしたが、教室を使っていない時ならば、いつでもご覧いただけますので、気軽にご来校いただきたいと思います。

最後に、ご協力いただきましたラジェーシュ・モール氏とハルシャッド氏、実行委員会の方々に、重ねて御礼申し上げます。

佐藤 京治 様
猪苗代高等学校長

 

紅葉深まる猪苗代高校の青空に遠藤一郎氏が本校生徒と手がけた連凧が高く舞い上がり、2日間のウォールアートフェスティバルが幕開けとなった。2日間で海外を含め各地から約500名の来校者があり、これ程までに芸術に人々を引き付ける力があることに大変驚いている。本校の活性化に大いに繋がるイベントであった。本校出身の野口勝宏氏の大写真と松岡亮氏のライブペイントの作品は、現在も本校に掲示されており、生徒はもとより来校者の目を和ませている。

当日は、本校の美術創作部員が中心となりボランティアとして来客の案内等に関わることができた。ある生徒は、イベント開催前後の猪苗代町青年会議所の方々との協議・会合に参加する中で、将来は町の観光や行政に関わり猪苗代を盛り上げたいという想いが芽生え、公務員に志望を変更した。現在、夢の実現に向けて日々学習に励んでいる。イベントを通して、町への想いが醸成し進路目標が明確になった素晴らしい事例である。

ウォールアートフェスティバルという取り組みは、地域・地方からの発信、新たな価値の創造という新時代の到来を予見させる。猪苗代が国際的な観光地として、これまで以上に注目されるイベントであった事は事実であり、本校生にとって他者の喜びが自身の成長に繋がっていることを実感できた行事であったことは間違いない。本校生にはこれを機に、ますます猪苗代町との繋がりを強くし、将来地元で貢献する人材となるために学習活動に励んでほしい。この事業に関わられた多くの方々に感謝を申し上げたい。