淺井裕介 ASAI Yusuke

プロフィール

滞在制作する各々の場所で採取された土と水を用い、動物や植物を描く「泥絵」やアスファルトの道路で使用される白線素材のシートから動植物の形を切り出しバーナーで焼き付け制作する「植物になった白線」など、条件の異なったさまざまな場所で作品を展開する。東京代々木公園入口に白線の作品がある。インドの学校を舞台にした「ウォールアートフェスティバル」やアメリカ、フィンランド、中国など多数の国際舞台で活躍。

《野生の合奏》
示会場:猪苗代中学校
制作期間:2019年10月23日~11月4日


すべての場所に命は宿り、今日も明日も世界中のあちらこちらで命が生まれている、すべてが連綿と受け継がれ繰り返され繋がっている。人も動物も植物も、有機物も無機物も、あちらこちらでひとつの長大な音楽を奏でるようにどうしようもなく繋がっている。この土地の土を乾燥させ、砕き、ふるい、キメを整え、水と少しの糊を混ぜて教室の中で作られるべき形を探す。多くの人の手を借りながら、日々刻々と変化する。それは命を育てるように、無理をせず注意深く環境や世界に呼吸を合わせる必要がある。

言葉にすると、なんのことだろう? よくわからないなって君は思うかもしれない。僕だって正直、完全にうまく言えている自信はない。それでも一心に精一杯の勇気と言葉にならないような気持ちを込めて絵を描いていると、いつしか絵を見ている自分は、実は絵や世界に見られている自分であることに気づいたりする。 三年後には学校の建て替えで消えてしまうこの場所に来てくれて見てくれて、ありがとうございます。(浅井裕介)

 

《風と命と大地のカケラ》
展示会場:翁島中学校
制作期間:2019年10月26日

子供たちへ 黒っぽい土が翁島小の土、黄色っぽいのが土津神社の土です、全校生徒(と職員)の手形をもとに生まれた様々な生き物、それらが風の神様と共にのびのびと飛び回っています。よく見ると足形も!鳥や獣や人のようなものもいるよ、それぞれ何匹づついるのかな? 大人たちへ 手を打つという行為には昔から様々な意味が含まれています、久しぶりに会った友人や去っていく仲間たちに力強くハイタッチをして別れるように、泥の手形を残す時、子供たちはこの土地そのものである土に触れ、慣れ親しんだ学校へ触れます、肌に残るくすぐったさ、壁に叩きつけたときのジンジンと痺れる感じが彼らの心象心理の中にうっすらと溶け込んでくれるといいなと思います。(浅井裕介)