Art×学校×支援! アートの力がつなぐ笑顔。 アートの力で生まれる絆。  Wall Art Festival http://wafes.net/

Slideshow Image 5 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 6 Slideshow Image 8 Slideshow Image 9 Slideshow Image 10 Slideshow Image 11 Slideshow Image 12 Slideshow Image 13 Slideshow Image 14 Slideshow Image 15 Slideshow Image 16 Slideshow Image 17 Slideshow Image 18 Slideshow Image 19 Slideshow Image 20 Slideshow Image 21 Slideshow Image 22 Slideshow Image 23 Slideshow Image 24 Slideshow Image 25 Slideshow Image 26 Slideshow Image 27 Slideshow Image 28 Slideshow Image 29 Slideshow Image 30 Slideshow Image 31 Slideshow Image 32 Slideshow Image 33 Slideshow Image 34 Slideshow Image 35 Slideshow Image 36 Slideshow Image 37 Slideshow Image 38 Slideshow Image 39 Slideshow Image 40 Slideshow Image 41 Slideshow Image 42 Slideshow Image 43 Slideshow Image 44

主催 Organizer: Wall Art Project
問合せ contact: info@wafes.net

        

ウォールアートフェスティバル in 猪苗代〜プロローグ〜
2016. 11. 5. - 11. 20.



「Paripurna Jungle(パリプルナ ジャングル)」
「十全な森」
  深い山の中の生きている心は、ゆっくり目覚めている。
この深い森と磐梯山は、はじまりの時からすべての人々を見つめ、
すべての物語をその心の中に秘めている。
この山と深い森のように、私たち自身のできる限り深いところまで行こう。
そして、私たちの中に秘められている物語を呼び覚まそう。
“Alive Heart inside deep mountain” is waking up slowly.
This deep forest and Bandai mountain is watching everyone from the
beginning and keeping all the stories inside its heart.
Like the mountain and deep forest, go and find inside ourself how deep
we came from inside and wake up your stories, from your deep heart.

painted by Tushar Vayeda, Mayur Vayeda, Harshad Vayeda
   photo by Soichiro Ishida


「Chala punha surwat karuya(チャラ プンハ シュルワット カルヤ)」
「再び始めよう」
  私たちの世界のこれまでを振り返ろう。
  私たちはとても遠くまで旅してきた。月を踏んだ。
  そして私たちは、自分たちの文化のために穴を掘った。
  その穴に私たちの過去を捨て去ってしまう前に
   ”私たちの始まりを見返そう。そして再び始めよう。”
     It is fine to look back the beginning again in our world.
   We came very far now explored universe. Touch our foot on the moon.
   And now we haddig a pit for our culture. Before we through our past into the pit.
   “Let’s look the beginning, and let's begin again.”

painted by Tushar Vayeda, Mayur Vayeda, Harshad Vayeda
   photo by Soichiro Ishida




福島県猪苗代町にワルリアーティスト3名を招聘し開催したウォールアートフェスティバル in 猪苗代〜プロローグ〜。猪苗代町での初めての開催は、地域の方々をはじめ、下記、協賛、協力、後援をいただいた皆様の温かなご声援のおかげで成功に終えることができました。
誠にありがとうございました!ワルリアーティストたちにとっても何物にも代えがたい経験となったことでしょう。
ここから、2018年のWAF in 猪苗代 本章へ向けて進んでいきます。引き続き、応援のほど、よろしくお願い致します!
ウォールアートプロジェクト代表おおくにあきこ

Sponsors 協賛
 ADUMASHOKUHIN  XEBIO GROUP  JAPAN POST INSURANCE  COMMUNITY FUTURE DESIGN  KAI GROUP  COMPUTER SYSTEM HOUSE CO.,LTD Blue Bear

Supports 協力
一般社団法人 猪苗代青年会議所 NPO法人 東京学芸大こども未来研究所 長照寺 はじまりの美術館
人の駅山潟小学校実行委員会、猪苗代教会、喜連川丘陵の里 杉インテリア木工館
(あいうえお順)


Nominal Support 後援
猪苗代町 猪苗代町教育委員会 在日本インド大使館 公益財団法人日印協会 東京学芸大学

ウォールアートプロジェクト2016年度のサポーター募集中。

日本から「支援」で参加するボランティアの第一歩。詳細はこちら

Grants & Sponsors
(WAF2016)

2016. 11.18
EKTA 〜ひとつ〜創刊号 発売!
ノコプロジェクト オフィシャルマガジン

2016年9月にワルリ族の村で開催された
「第1回世界森会議/Global Forest Meeting」。

アーティスト、ファーマー、水ジャーナリスト、音楽家、企業人、そして、ワルリ族の人々など、多様な人々が集い大地の力を感じ取りながら、人間と森、水、土、微生物など自然の様々なものたちとの関係性や、農業のあり方を話し合いました。地球ひとつで生きていく方向を模索するためのヒントとなるスピーチ8本を掲載。

B5変形サイズ フルカラー 32ページ
価格 500円+税
こちらから購入できます。  blanc


Wall art Festivalって?

まっ白な壁があったら、絵を描きたくなるのは人情。
でも、やってはいけないことを知っているからやらないけど。
まっ白な壁が学校の壁で、そしてそこに思いきり描いていいんだよってことになったら・・・
それって、なんだかとてもワクワクする!
インドと日本からのふたりのアーティストがふたつの教室の壁をめいっぱい使ってセッションするウォールアート・フェス。
アーティストも観客も夢中になれる芸術祭。
その「夢中性」こそ命。
壁は売れない
残らないし、残さない
けれど、描くその瞬間、消すその瞬間のスパークは、永遠に刻まれる。
その場所が、ひとつのパワースポットになる。
そのままこぎれいな美術館に陳列される可能性など決してないアートの祭典。


about "Wall Art Festival"

If there is a white wall, the desire to draw is in the nature of everyone who sees…
However, people don't because they know that it is mischievous.
But, if the white wall is the school's, and they were allowed to draw to their heart's content….it's so exciting!!
In Wall Art Festival, two artists, one from India, the other from Japan,
will each draw on the majority of the wall in two separate classrooms, in one session.
An Art Festival where both the artist and audience can be absorbed…
The enthusiasm of the artist and the audience will be at the heart of this Festival.
The wall cannot be sold.
The picture won't be left, remaining for only short time.
However, the spark of the moment at drawing and at erasing will live on forever.
On February, 2013, Ganjad village, Maharashtra India will be a day of inspiration for all involved.
A festival of art that has no possibility to be exhibited in a museum as it is. It is unique….