お知らせ一覧

ウォールアートフェスティバルふくしまin 猪苗代2021

アート×学校×対話

 

 2016 年、猪苗代にインドのワルリ画家たちが滞在制作し、「猪苗代のワルリ画」を描いたプロローグ。
そして、2018 年、猪苗代町立翁島小学校・吾妻中学校、猪苗代高校でアーティストたちが渾身の作品を描いた。
猪苗代を舞台にした芸術祭の第5回は、吾妻中学校と吾妻小学校を中心に展開される。
学校が、町が、ふくしまが想像と創造の熱に包まれる22日間。

ウォールアートフェスティバルについて
2010 年からスタートした国際的芸術祭。
主にインドを舞台に学校の校舎の壁をキャンバスにアーティストが 1020日間ほど の滞在制作を行ない、入場無料のエキシビションとして毎年開催してきている。
制作中は子どもたちと交流し、アートワークショップも開催。
2018 年から猪苗代町でも毎年開催してきている。 

参加アーティスト  in order of arrival

今日のWAF

アーティストの制作状況に合わせて、ホームページや SNS で日々発信します。